« ペドフィリア、トリノ司教区の嵐 | トップページ | 容疑者の釈放が安易か? »

2007年8月12日 (日)

世界同時株安

Nyse_traders アメリカでの株安をうけて、イタリアを含むヨーロッパでも同時株安の様相を呈している(レプッブリカ、8月11日)。

金曜日のマーケットは、木曜日との比較で、ロンドンのFTSE(以下すべて株価指数)が-3,7%、パリのCACが-3,13%、フランクフルトのDAXが-1,48%そしてミラノのMIBTELが-2,48%でひけている。

ヨーロッパ中央銀行は610億ユーロの介入をしたとされている。

イタリアではイタリア銀行筋が「われわれは事態を注意深く追っている。特に警戒の必要があるとは認めない」というコメントを出した。

ニューヨーク大教授のノリエル・ルビーニはアメリカの銀行は大銀行を含めて損失はまだどれくらいか明らかでなく、経済状態は現在言われているより悪いとしているが、ただし、ヨーロッパおよび他の世界経済の状態は良いとしている。

|

« ペドフィリア、トリノ司教区の嵐 | トップページ | 容疑者の釈放が安易か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16081953

この記事へのトラックバック一覧です: 世界同時株安:

« ペドフィリア、トリノ司教区の嵐 | トップページ | 容疑者の釈放が安易か? »