« ロムをめぐるイタリアとEUの対立 | トップページ | ランペドゥーサ沖で14人の移民の遺体発見 »

2007年8月15日 (水)

007がパリオに

Palio 007の次作は、シエナの祭りパリオが舞台となる(レプブリカ、8月14日)。

007はダニエル・クレイグ。タイトルも台本もまだ秘密であるが、最初の10分で、カンポ広場を走る馬がスクリーンに登場する。ダニエル・クレイグは殺し屋を逃れて、シエナの路地を駆け抜けていく(らしい)。

パリオ(カンポ広場での競馬がクライマックス)の撮影は14台のカメラを用いてなされるが、ヘリコプターからの撮影は禁じられた。

しかし007におけるパリオの使用に反対している人たちもいる。動物愛護主義者である。

|

« ロムをめぐるイタリアとEUの対立 | トップページ | ランペドゥーサ沖で14人の移民の遺体発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16120172

この記事へのトラックバック一覧です: 007がパリオに:

« ロムをめぐるイタリアとEUの対立 | トップページ | ランペドゥーサ沖で14人の移民の遺体発見 »