« 折半小作の歴史 | トップページ | ミラノの病院で選択的中絶の事故 »

2007年8月27日 (月)

フィジケッラ、税務当局と合意に達する

Fisico

F1ドライヴァーのジャンカルロ・フィジケッラは、税務当局から税逃れを指摘され、当初要求された1700万ユーロではなくて、380万ユーロを支払うことで合意に達した(レプッブリカ、8月26日)。

有名人に対する税逃れの追求は、モトGPのヴァレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシなどからはじまり、F1のフィジケッラにもおよんだが、彼はすでに140万ユーロを支払い、残りを分割で支払うことで税務当局と合意した。

フィジケッラの場合、1998年から2002年の間モンテカルロに住んでいた時期についての収入についての収入が問題になったのだという。現在はローマに住み、子供にイタリアの教育を受けさせることを積極的に選択している。

フィジケッラは、自分は正しい道を選んだのであり、自分の例が一つの模範となることを願っているとし、ロッシやカピロッシも参考にしてほしいと述べた。

|

« 折半小作の歴史 | トップページ | ミラノの病院で選択的中絶の事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16251090

この記事へのトラックバック一覧です: フィジケッラ、税務当局と合意に達する:

« 折半小作の歴史 | トップページ | ミラノの病院で選択的中絶の事故 »