« アントニオーニ、死す | トップページ | 労働災害に新たな法律 »

2007年8月 4日 (土)

下院、プレヴィーティの辞任を認める

Previti

Imi-Sir事件の収賄容疑で有罪判決を受けたチェーザレ・プレヴィティが辞表を提出し、下院で認められた(レプッブリカ、81日)。

プレヴィーティは自分は辞めるが無実であるという手紙を下院議長のベルティノッティに提出した。

プレヴィーティは元首相ベルルスコーニの右腕として名をはせていた。1970年代からのつきあいで、1994年には防衛大臣もつとめている。

|

« アントニオーニ、死す | トップページ | 労働災害に新たな法律 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16003319

この記事へのトラックバック一覧です: 下院、プレヴィーティの辞任を認める:

« アントニオーニ、死す | トップページ | 労働災害に新たな法律 »