« 首相のハマス関連発言、波紋よぶ | トップページ | 007がパリオに »

2007年8月15日 (水)

ロムをめぐるイタリアとEUの対立

Campo20rom ロム(ジプシーの代表的種族)に関し、EUはイタリア政府に対し、より統合政策を進めるよう求めているが、イタリア側はすでに対処しているとしている(レプブリカ、8月14日)。

ヨーロッパに住むロムは1200万人。世界中に住むジプシーは3600万人で、そのうち1800万人はインドに住み、100万人はアメリカに住んでいる。

ヨーロッパの中でのロムの多く住む国は以下の通り。

ルーマニア 120万人
ブルガリア  80万人
スペイン   80万人
ハンガリー  80万人
セルビア   52万人
スロヴァキア 51万人
フランス   40万人
ロシア     34万人
イギリス    30万人
マケドニア  26万人

イタリアは、14番目で、約14万人が居住している。全人口の約0,2パーセントに相当する。

イタリアの中では、ミラノ4300人、トリノ3000人、フィレンツェ1900人、ローマ7000人、ナポリ4000人などとなっているが、彼らの居住地に費やされる費用は一般には十分とは言えず、統合への道は遠いようだ。

イタリアのコムーネや州でロムに予算をさいているなかで、ローマの500万ユーロ、ナポリの150万ユーロ、ミラノの200万ユーロ、エミリア・ロマーニャ州の320万ユーロ、トスカナ州の400万ユーロといったところが抜きんでている。

|

« 首相のハマス関連発言、波紋よぶ | トップページ | 007がパリオに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16120098

この記事へのトラックバック一覧です: ロムをめぐるイタリアとEUの対立:

« 首相のハマス関連発言、波紋よぶ | トップページ | 007がパリオに »