« 007がパリオに | トップページ | ドゥイスブルク殺人事件 »

2007年8月16日 (木)

ランペドゥーサ沖で14人の移民の遺体発見

Migranti ランペドゥーサ沖で、14人の移民の遺体が海を漂流しているのが発見された(レプッブリカ、8月15日)。

全員が救命胴衣を着用していた。現在のところ6人の遺体が回収されたが、数日間、海中を漂流していたと考えられている。

湾岸警備隊に捕まったり、救助されたりした移民は、年初から8月6日までで8600人。

湾岸警備隊に捕まった船は251隻で、そのうち152隻は押収された。

アフリカから上陸して、イタリアでチェックをうけた移民は7010人で、そのほとんどはシチリアにいる。

最近は、サルデーニャ南西岸に上陸する移民船も増えており、当局は警戒を強めている。

また、移民に関する法体系を修正すべきだという声もあがっている。

|

« 007がパリオに | トップページ | ドゥイスブルク殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16129884

この記事へのトラックバック一覧です: ランペドゥーサ沖で14人の移民の遺体発見:

« 007がパリオに | トップページ | ドゥイスブルク殺人事件 »