« 2人に1人はヴァカンスなし | トップページ | ボッシ神父、生存を確認 »

2007年7月15日 (日)

ポッラリ、Sismi の秘密を明かすか?

Pollari180x140

Sismi (イタリア軍の諜報機関)の元長官ニコロ・ポッラリは、この20年間の Sismi の秘密を明かすつもりだと語った(コリエレ・デッラ・セーラ、7月9日)。

ポッラリは、上院防衛委員会の委員長デ・グレゴーリに託して、80年代からの秘密を明かす用意があると語った。秘密を明かすのは、自分と Sismi を弁護するためであり、そのため守秘義務から解放してほしいと願い出た。

彼が語るべき秘密は多岐にわたり、アブ・オマルの誘拐、レベノンへの国連の Unifil の派遣、レバノン紛争での市民の犠牲、最近のイタリア人人質とその解放などなど。

ポッラリは、Sismi が200人の司法官のスパイをしていたことへの責任を問われている。

与党のなかにはこの件に関し、調査委員会の設置するかどうかで意見が割れている。

|

« 2人に1人はヴァカンスなし | トップページ | ボッシ神父、生存を確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15769964

この記事へのトラックバック一覧です: ポッラリ、Sismi の秘密を明かすか?:

« 2人に1人はヴァカンスなし | トップページ | ボッシ神父、生存を確認 »