« クフラン、780ページの書類を売り渡す | トップページ | ボッシ神父、39日ぶりに解放 »

2007年7月26日 (木)

ベルトーネ長官、ラテン語ミサのユダヤ人に関する部分削除を示唆

Tarcisio_bertone

教皇庁のベルトーネ長官は、復活したラテン語ミサに関し、祈りの中で、ユダヤ人の改宗に言及する部分が問題となっていたが、それを削除する意向を示唆した(コリエレ・デッラ・セーラ、7月19日)。

教皇庁の国務長官タルチジオ・ベルトーネ枢機卿は、教皇ベネデット16世と避暑地ピエーヴェ・ディ・カルドレで会見した。

ベルトーネ長官は、古いラテン語のミサには、ユダヤ人の改宗を祈る文句があったことを認めた。その部分が論争を引き起こしていたのである。ラテン語のミサに関しては、その部分の削除を検討することを表明した。

|

« クフラン、780ページの書類を売り渡す | トップページ | ボッシ神父、39日ぶりに解放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15910375

この記事へのトラックバック一覧です: ベルトーネ長官、ラテン語ミサのユダヤ人に関する部分削除を示唆:

« クフラン、780ページの書類を売り渡す | トップページ | ボッシ神父、39日ぶりに解放 »