« ボッシ神父、生存を確認 | トップページ | イタリアの電気代はEU諸国の2倍 »

2007年7月17日 (火)

プローディ、イスラエルの首相と会談

Prodi_olmert01g

プローディ首相は、イスラエルのオルメルト首相とイェルサレムで会談した(コリエレ・デッラ・セーラ、7月10日)。

プローディ首相は、イスラエルにとってすぐにも平和をと呼びかけた。しかし、イタリア政府とイスラエル政府には、見解を異にする問題もある。

例えば、イランに関しては、どちらもイランの核開発には反対しているが、プローディは、経済制裁はイタリア企業に損害を与え、貿易を崩壊させるとして反対している。

ハマスに関しては、オルメルト首相は、ハマスとの和解は不可能であるとしている。

プローディにとっては、パレスチナ紛争解決のための唯一の可能なシナリオは、イスラエル、パレスチナ双方が二つの独立した主権国家になることである。

|

« ボッシ神父、生存を確認 | トップページ | イタリアの電気代はEU諸国の2倍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15783575

この記事へのトラックバック一覧です: プローディ、イスラエルの首相と会談:

« ボッシ神父、生存を確認 | トップページ | イタリアの電気代はEU諸国の2倍 »