« ピストリウス、健常ランナーに混じって2位 | トップページ | パドヴァの《ゲットー》閉鎖へ »

2007年7月21日 (土)

ヒトラーはヴァグナーを愛したが、ドイツ人はレオンカヴァッロを愛した

Nazisti

ヒトラーはヴァグナーを愛好していたが、ドイツ人はイタリアオペラを愛好していた(コリエレ・デッラ・セーラ、7月14日)。

1938/39年のシーズンにドイツの劇場で最も上演されたオペラ作曲家は誰だろう? 読者はヴァーグナーだと思うであろう。《ラインの黄金》、《神々の黄昏》、《パルシファル》だろうか?

答えはそのどれでもない。レオンカヴァッロの《道化師》である。次がマスカーニの《カヴァレリア・ルスティカーナ》、プッチーニの《マダム・バタフライ》である。

ヴァーグナーのオペラの中で最も上演回数の多かった《ローエングリン》は12位であった。

9月に出版される Jonathan Carr の Wagner Clan によれば、ヒトラーが権力についたからといって、ドイツ人がヴァグナーに熱狂したわけではないのだ。

ヒトラーが政権につく直前の1932/33年は、ドイツの劇場での上演頻度1位は、ビゼーの《カルメン》で、2位はヴェーバーの《魔弾の射手》。

第二次大戦中、ドイツでもっとも上演された作曲家はジュゼッペ・ヴェルディであった。

|

« ピストリウス、健常ランナーに混じって2位 | トップページ | パドヴァの《ゲットー》閉鎖へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15837971

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラーはヴァグナーを愛したが、ドイツ人はレオンカヴァッロを愛した:

« ピストリウス、健常ランナーに混じって2位 | トップページ | パドヴァの《ゲットー》閉鎖へ »