« ブレアー、カトリックに改宗 | トップページ | ロッシ、オランダGPで優勝 »

2007年7月 1日 (日)

ロンドンとミラノ証券取引所、合併へ

2506ecolse

ロンドンとミラノの証券取引所が合併する見通しとなった(コリエレ・デッラ・セーラ、6月23日)。

この友好的吸収合併により、イタリア側は、合併後の28%を取得する。しかし、理事会には、12人中5人が占める。即ち、統治の重みが、資本の比率より大きくなる。

この合併に対し、イタリア銀行は、イタリア証券取引所の孤立からの脱却として歓迎している。また経財相は、大変ポジティヴであると評価している。

そもそも、イタリアの証券取引所は、マリオ・ドラーギ(現イタリア銀行総裁)が、国庫省の総局長だった1997年に、民営化をスタートさせた。というわけで、円環が閉じたことになる。ドラーギは、イタリア銀行総裁として、証券取引所の孤立化を脱却を促していたからだ。

|

« ブレアー、カトリックに改宗 | トップページ | ロッシ、オランダGPで優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15618311

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンとミラノ証券取引所、合併へ:

« ブレアー、カトリックに改宗 | トップページ | ロッシ、オランダGPで優勝 »