« イタリアの電気代はEU諸国の2倍 | トップページ | 法王、プロテスタントは教会ではない »

2007年7月19日 (木)

低額年金者への増額、決定

Sportello_bollette

低額年金者への増額が決着した(コリエレ・デッラ・セーラ、7月11日)。

来年1月1日から支給される。平均年額420ユーロが64歳以上の年金受給者に対し増額される。対象となるのは、300万人の年金受給者で、月額が654ユーロ(11万円)以下の人。

増額は、三区分に分けて実施される。年金納付が15年以下の人は333ユーロ。16−25年の人は、420ユーロ。26年以上納付した人は、505ユーロの増額となる。

労働組合は、最低年齢に関し、男性65歳、女性60歳を主張していたが、政府は男女とも65歳を主張していた。結局、男女とも64歳以上に対して、増額支給で決着した。

|

« イタリアの電気代はEU諸国の2倍 | トップページ | 法王、プロテスタントは教会ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15805515

この記事へのトラックバック一覧です: 低額年金者への増額、決定:

« イタリアの電気代はEU諸国の2倍 | トップページ | 法王、プロテスタントは教会ではない »