« プローディ、イスラエルの首相と会談 | トップページ | 低額年金者への増額、決定 »

2007年7月17日 (火)

イタリアの電気代はEU諸国の2倍

Caroenergia

イタリアの家庭は、スペインやフランスの家庭に比べ、二倍近い電気代を払っている(コリエレ・デッラ・セーラ、7月8日)。

イタリアでは、家庭向けの電力料金は、1kWhあたり 0,2329ユーロであるが、スペインは 0,1225、フランスは0,1211である。

イタリア企業向けの電力料金は、1kWhあたり、0,1526ユーロであるが、ドイツは、0,1272、スペインは 0,0987で、フランスにいたっては、0,0701である。

Authority の会長アレッサンドロ・オルティスは、イタリアの料金は、明らかにヨーロッパの主要国より高いと指摘している。

今年前半の電気代は、0、4%下がったが、より実質的な値下げはいつになるだろうか?

|

« プローディ、イスラエルの首相と会談 | トップページ | 低額年金者への増額、決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15793143

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの電気代はEU諸国の2倍:

« プローディ、イスラエルの首相と会談 | トップページ | 低額年金者への増額、決定 »