« カルヴィ殺人事件、全員無罪 | トップページ | アッバードの夢 »

2007年6月16日 (土)

ロッセッリ兄弟暗殺事件、テレビ映画となる

Fratellirosselli2 ファシストに暗殺されたロッセッリ兄弟の事件がテレビ映画となった(コリエレ・デッラ・セーラ、6月7日)。

ヴァニア・デル・ボルゴとステッラ・サヴィーノが脚本、サヴィーノは監督も担当。歴史的背景に関しては、ゼッフィロ・チュッフォレッティとミンモ・フランツィネッリの協力を得ているが、今回のテレビ映画では、暗殺事件の責任がガレアッツォ・チャーノおよびイタリアの秘密警察にあったことだけでなく、後にフランス大統領となるフランソワ・ミッテランが暗殺者の一人をかくまう手助けをしていたことを明るみに出した。

後に社会党から大統領になったミッテランは、若いときは極右と関係があり、暗殺者の一人ジャン・ブヴォワイエの友人を戦後もかくまい、南米への逃走を黙認した。

ロッセッリ兄弟、ネッロ(左)とカルロは、1937年6月9日にフランスで暗殺された。二人の兄弟は強い愛情でむすばれてはいたが、タイプは異なっていて、兄カルロが直接行動でファシズムに対抗する運動を画策していたのに対し、弟ネッロはより穏健なタイプであった。だから、ネッロはたまたま兄と一緒にいたので同時に殺されたのである。

|

« カルヴィ殺人事件、全員無罪 | トップページ | アッバードの夢 »

コメント

こんにちわ。
こんにちわ。

先日ひょんなことから本屋でヴィットリーニ『シチリアでの会話』をみつけ、その長文の解説に一驚。イタリアの現代文学(戦前戦中戦後)の事情をなにもしりませんでした。反ファシズム戦線。

歴史学者ロッセッリ兄弟が37年、フランスの田舎で刺客に殺され。。巴里で行われた葬儀に20万人に参列した、と。。

ニッポンの同時期の状況と比べて唖然、とします。

投稿: 古井戸 | 2009年3月25日 (水) 10時08分

古井戸さん

たしかに20万人の葬儀参列者とは驚きですね。
ファシズム期や内戦、戦後のイタリアの状況、まだまだ日本では知られていませんね。
興味ある記事があれば、これからも紹介していきたいと思います。

投稿: panterino | 2009年3月26日 (木) 04時40分

 panterinoさま。よろしくご紹介お願いいたします。

投稿: mattanna | 2009年3月27日 (金) 10時03分

mattanna さん

了解しました。

投稿: panterino | 2009年3月27日 (金) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15456504

この記事へのトラックバック一覧です: ロッセッリ兄弟暗殺事件、テレビ映画となる:

« カルヴィ殺人事件、全員無罪 | トップページ | アッバードの夢 »