« ベルトーネ長官:ピオ12世とナチスの関係は、悪意ある伝説 | トップページ | 《Omosessuali moderni》 »

2007年6月15日 (金)

ヴィスコ事件、与党、上院をきりぬける

Caso_viscoヴィスコ事件をめぐる投票で、与党はようやく、野党をくだした(コリエレ・デッラ・セーラ、6月7日)。

パドア=スキオッパ経済大臣は、経済警察のスペチャーレ将軍をふさわしくないと、攻撃した。

上院での投票は160対155で、政府案が通った。

(追記)ヴィスコ事件とは、5月末、経済副大臣ヴィスコが、保険会社Unipol の銀行株買占め事件を調査していた士官4人の移動を求めたとして、経済警察の将軍ロベルト・スペチャーレが、ヴィスコを告発したことに端を発する。政府はヴィスコを擁護している。

|

« ベルトーネ長官:ピオ12世とナチスの関係は、悪意ある伝説 | トップページ | 《Omosessuali moderni》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15446780

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィスコ事件、与党、上院をきりぬける:

« ベルトーネ長官:ピオ12世とナチスの関係は、悪意ある伝説 | トップページ | 《Omosessuali moderni》 »