« トランスにも補助金 | トップページ | ローマ、50万本植樹計画 »

2007年6月10日 (日)

ダニエル・オレン、トリエステのヴェルディ劇場を訴える

272089

指揮者ダニエル・オレンがトリエステのヴェルディ劇場を去り、劇場でいじめにあったとして300万ユーロの賠償を求める訴えを起こした(コリエレ・デッラ・セーラ、6月1日)。

オレンは5月末日まで、この劇場の音楽監督であった。彼は、劇場総監督のジョルジョ・ザンファニンをはじめとする劇場幹部がオレンに嫌がらせや中傷を加えた、すなわち一言で言えばいじめをしたとして、損害賠償を求めている。

オレンによれば、ザンファニンはオレンが病気のときも電話すらかけてこなかったというのだが、ザンファニンは虚偽や不正確な情報だという。1年半前、オレンがウディネで「トゥーランドット」を振ることになっていたのだが、マエストロは病気だということで振らなかった。ところが、その晩にレッジョ・カラーブリアでクリスマス・コンサートの指揮をしているところを見られているのだ。

オレンは公式には、病気のために退任したことになっている。

|

« トランスにも補助金 | トップページ | ローマ、50万本植樹計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15375298

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・オレン、トリエステのヴェルディ劇場を訴える:

« トランスにも補助金 | トップページ | ローマ、50万本植樹計画 »