« ヴィスコ事件 | トップページ | シエナ銀行、ビヴェル銀行を吸収 »

2007年6月13日 (水)

Guardia di Finanza

Finanza_auto01

Guardia di Finanza (経済警察または財務警備隊ー財務省に属する軍の組織)について、歴史や組織が紹介されている(コリエレ・デッラ・セーラ、6月5日)。

起源:サルデーニャ王ヴィットリオ・アメデオ3世が1774年10月1日に軽装備の部隊を創設した。それはイタリアで最初の国境の経済活動を監視するものであった。イタリア統一の後、1862年に、Guardia doganali (税関警備隊)が創設された。

名称:
1881年に Guardia di Finanza という現在の名前になり、国防軍の一部であることが宣言された。

組織:
Guardia di Finanza は経済省に直接に属している。

人数:
6万8134人いるが内訳は、
3225人の士官
2万3602人の検査官(ispettori)
1万3500人の監督官(sovrintendenti)
2万7807人の兵長(appunto, 巡査部長に相当)
となっている。

|

« ヴィスコ事件 | トップページ | シエナ銀行、ビヴェル銀行を吸収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15412093

この記事へのトラックバック一覧です: Guardia di Finanza :

« ヴィスコ事件 | トップページ | シエナ銀行、ビヴェル銀行を吸収 »