« IMF:イタリアの年金改革は必至 | トップページ | シチリアの地方選挙、中道右派の勝利 »

2007年5月21日 (月)

Unicredito銀行とCapitalia銀行の合併、首相承諾

Profumoウニクレディト銀行のアレッサンドロ・プロフーモ

ウニクレディト銀行とカピタリア銀行の合併にプローディ首相がゴーサインを出した(コリエレ・デッラ・セーラ、5月15日)。

首相は、「こうしたダイナミズムには賛成だ。こうした銀行システムの強化が20年前に実施されていれば、イタリアの銀行部門はもっと強力だったろう」と述べた。

ウニクレディトにとっては、合併相手はフランスのソシエテ・ジェネラル銀行もありえるが、手続き的には国内の銀行であるカピタリアのほうがやりやすい。

|

« IMF:イタリアの年金改革は必至 | トップページ | シチリアの地方選挙、中道右派の勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15150274

この記事へのトラックバック一覧です: Unicredito銀行とCapitalia銀行の合併、首相承諾:

« IMF:イタリアの年金改革は必至 | トップページ | シチリアの地方選挙、中道右派の勝利 »