« 公的支出が国内総生産の半分に | トップページ | オルミ監督の新作をめぐる論争 »

2007年5月 3日 (木)

《ザカリア》

Zakaria短編映画《ザカリア》(ジャンルーカ&マッシミリアーノ・デ・セリオ監督)を観た(イタリア映画祭2007)。

デ・セリオ監督は、1978年トリノ生まれで、双子の監督である。これまでにも、《マリア・イエズス》、《私の兄弟ヤン》というイタリアの外国人を撮った短編映画を撮っているという。

この映画では、ザカリアという少年の一日を追っていて、学校で、アラブ語の単語をならい、イスラム教の礼拝所へ行くと、同じ年頃の少年と出会う、そこで、名前を名乗ると、相手もザカリアという同じ名であったという話。

声高に何かを主張するのではなく、少年の生活を静かに語り、その心情に寄り添っていく作品。

|

« 公的支出が国内総生産の半分に | トップページ | オルミ監督の新作をめぐる論争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14936660

この記事へのトラックバック一覧です: 《ザカリア》:

« 公的支出が国内総生産の半分に | トップページ | オルミ監督の新作をめぐる論争 »