« アルゼンチンに移民すると長寿? | トップページ | 6ヶ月留学を大学卒業条件に »

2007年5月15日 (火)

大統領、受刑者に会う

Napolitanooo215ナポリターノ大統領が、マステッラ法相とともに、ローマのレビッビア刑務所を訪れた(コリエレ・デッラ・セーラ、5月9日)。

イタリア共和国の歴史では、大統領が刑務所を訪問するのは二度目。

2002年にチャンピ大統領がスポレートの刑務所を訪れている。

受刑者たちは、大統領を拍手で迎え、口々に「恩赦、恩赦」と唱えた。

イタリアには258の刑務所がある。刑務所の収容人員は、4万3500人。先般の恩赦で出所した受刑者は2万6201人。イタリア人が1万6158人、外国人が1万43人。

釈放されたもののうち、12%は再び罪を犯し、刑務所に戻ってきた。

|

« アルゼンチンに移民すると長寿? | トップページ | 6ヶ月留学を大学卒業条件に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15085763

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領、受刑者に会う:

« アルゼンチンに移民すると長寿? | トップページ | 6ヶ月留学を大学卒業条件に »