« ミラノ市役所、子供のいる家庭に麻薬検査キットを配る | トップページ | パドヴァ、娼婦の行進 »

2007年5月24日 (木)

プーリア州知事、同性愛者が養子をとる権利を求める

Niki_vendola_20051221プーリア州知事ニキ・ヴェンドラ

プーリア州知事が、同性愛者も養子をとる権利が欲しいと主張した(コリエレ・デッラ・セーラ、5月17日)。

ニキ・ヴェンドラ知事は、これまで自らのプライヴァシーを進んで語ることはなかった。ところが、今回「父親になりたい」という願望を語った。しかし、それは単なる生物学的な話ではない。「血筋は関係がない、私にとって父親とは、自分の精子に限定された生理学的なものではない」。

「子供を育てるというのは、世話をやき、その子を知り、その子を聞くということだ」。

しかしながら、彼が送っている人生は、父性とは両立しがたいものだとも語った。現在のところ、具体的には考えていないとしつつも、新生児が捨てられたという話を読むたびに胸が締め付けられるという。

|

« ミラノ市役所、子供のいる家庭に麻薬検査キットを配る | トップページ | パドヴァ、娼婦の行進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15180464

この記事へのトラックバック一覧です: プーリア州知事、同性愛者が養子をとる権利を求める:

« ミラノ市役所、子供のいる家庭に麻薬検査キットを配る | トップページ | パドヴァ、娼婦の行進 »