« エイズ予防と純潔 | トップページ | オートマ車、徐々に増加 »

2007年5月20日 (日)

批評のマエストロの時代は終わったか?

Francofortiniフランコ・フォルティーニ(フィレンツェ1917-ミラノ1994)詩人、批評家

エマヌエーレ・ジナートが著したアルフォンソ・ベラルディネッリについての本が20世紀の批評の大家についての論争を巻き起こしている(コリエレ・デッラ・セーラ、5月14日)。

アルフォンソ・ベラルディネッリは、フランコ・フォルティーニのことを「悪いマエストロ(cattivo maestro)」と考えていた。なぜなら、文学をマルクシズムを通じて判断するが、文学はマルクシズムを判断できないとしていたからだ。

しかし若手の批評家アンドレア・コルテッレッサは、フォルティーニのようなイデオロギー的批評家の欠落を感じるという。「マルクシズムが捨て去られるのと同時に、文化的組織、現実を解釈する強力なシステムも捨て去られ、われわれが受ける唯一のイデオロギーは市場というイデオロギーになってしまった」。

マエストロの時代が終わって、友人の時代が来たという。

|

« エイズ予防と純潔 | トップページ | オートマ車、徐々に増加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15143894

この記事へのトラックバック一覧です: 批評のマエストロの時代は終わったか?:

« エイズ予防と純潔 | トップページ | オートマ車、徐々に増加 »