« 批評のマエストロの時代は終わったか? | トップページ | IMF:イタリアの年金改革は必至 »

2007年5月20日 (日)

オートマ車、徐々に増加

Leva_del_cambioイタリアで徐々にではあるが、オートマ車が増えている(コリエレ・デッラ・セーラ、5月14日)。

新車登録のうち、ギアがオートマティックである自動車の比率は2006年は9パーセントを越えた。

1996年 1,20%
1997年 1,11%
1998年 1,53%
1999年 2,33%
2000年 2,76%
2001年 3,50%
2002年 4,21%
2003年 5,09%
2004年 6,32%
2005年 7,58%
2006年 9,07%

となっている。2006年には21万3687台のオートマ車が新車登録された。

|

« 批評のマエストロの時代は終わったか? | トップページ | IMF:イタリアの年金改革は必至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15144798

この記事へのトラックバック一覧です: オートマ車、徐々に増加:

» イタリア 車 [車@車]
コモ湖の湖畔にあるVillage d'Esteで毎年開かれるコンクールデレガンスが今年も開催されました。イタリア車で注目はここが世界初公開となる、マセラティGSザガート。マセラティ・スパイダーをベースに、ボディデザインをザガートが手がけた2シータークーペです。イタリア...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 00時26分

« 批評のマエストロの時代は終わったか? | トップページ | IMF:イタリアの年金改革は必至 »