« 《プリモ・レーヴィの道》 | トップページ | 《N-私とナポレオン》 »

2007年5月 4日 (金)

《それでも生きる子供たちへ》

All_the_invisible_children《それでも生きる子供たちへ》(オムニバス作品)を観る(イタリア映画祭2007)。

これはオムニバス作品で、イタリア人監督ステーファノ・ヴィネルッソ(今回来日)らの呼びかけで、アルジェリアのメディ・カレフ監督、サラエボ生まれのエミール・クストリッツァ監督、アメリカのスパイク・リー監督、ブラジルのカティア・ルンド監督、イギリスのジョーダン・スコット監督、ナポリ生まれのステーファノ・ヴェネルッソ監督、中国のジョン・ウー監督、それぞれが製作した7本の短編のアンソロジーとなっている。

それぞれが、問題を抱えた子供を主人公にしている。ヴェネルッソ監督のものは、ナポリで金持ちの男から腕時計を盗む少年チロが主人公。家庭もすさんだ感じであり、少年の眼差しはどこかさみしげだ。

しかし、いろいろな困難にもかかわらず、子供たちは基本的には生き生きとしている。

|

« 《プリモ・レーヴィの道》 | トップページ | 《N-私とナポレオン》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14943855

この記事へのトラックバック一覧です: 《それでも生きる子供たちへ》:

« 《プリモ・レーヴィの道》 | トップページ | 《N-私とナポレオン》 »