« 移民の子供、10人に6人がイタリア人と自己認識 | トップページ | 《見えますか?》 »

2007年5月 2日 (水)

《私です》

Sono_io短編映画《私です》(セルジョ・カステリット監督)を観る(イタリア映画祭2007)。

これはもともとイタリアの下着メーカー intimissimi がプロデュースした短編映画(21分)である。

監督は、俳優として今回の映画祭でもベロッキオ監督の《結婚演出家》、アメリオ監督の《星なき夜に》に主演しているセルジョ・カステッリット。

レストランで働く若い女性(ケティ・ソーンダス)が、ふとしたきっかけで女性監督(モニカ・グェッリトーレ)のカメラ・リハーサルを受ける。詩を暗誦したところ、監督とその女性は親子であることがわかるといった筋。

気のきいた洒落た短編映画である。

|

« 移民の子供、10人に6人がイタリア人と自己認識 | トップページ | 《見えますか?》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14930989

この記事へのトラックバック一覧です: 《私です》:

» 監督としても才能あり! ジョルジュ・カステリット 『私です』 [海から始まる!?]
 今年のイタリア映画祭は、ジョルジョ・カステリットの出演作品が3本(『結婚演出家』、『星なき夜に』、ドキュメンタリー『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』(ナレーションも担当))があり、監督を担当した短編『私です』も上映されて、なんだかセルジョ・カステリット色の濃い映画祭でもありました。... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 19時50分

« 移民の子供、10人に6人がイタリア人と自己認識 | トップページ | 《見えますか?》 »