« 《癒しがたき愛》 | トップページ | テレコム、スペインのテレフォニカが資本参加 »

2007年5月 6日 (日)

《カビリア》

Cabiria無声映画《カビリア》(ジョヴァンニ・パストローネ監督)を観る(イタリア映画祭2007)。

これは、もともと1914年に作られた映画を修復したものである。毎秒16コマ上映で、181分17秒で、オリジナルは183分50秒であった。

第一次大戦前夜の1913年から1914年にかけて製作されたもので、無声映画である。題材は、古代のローマ対カルタゴのポエニ戦争を背景にした冒険と愛の物語。字幕や登場人物の命名はダンヌンツィオの手になるものである。

上映に先立って、トリノ映画博物館の人の解説があり、ステファノ・マッカーニョ氏のピアノ生演奏を伴奏にして上映があった。もともとの映画では、イルデブランド・ピッツェッティが作曲したのであるが、当日のピアノ演奏がどれくらいそれを引用しているのかは不明。三時間ずっと引き続けなので大変である。感じとしてはジャズピアノ風の曲と演奏であるが、時代劇なのでところどころ、重々しい響きが混じっていた。

画像は、以前2001年の「イタリア映画大回顧」のときよりずっと鮮明になっており、ストーリーも波乱万丈で、無声映画独特のリズム(画面と字幕が交互にあらわれる)に慣れれば、退屈しないものであった。エキストラや舞台装置は手抜きがなく、豪華絢爛たるものであることが、デジタル修復で画像が鮮明になったことでよく判った。

|

« 《癒しがたき愛》 | トップページ | テレコム、スペインのテレフォニカが資本参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14972062

この記事へのトラックバック一覧です: 《カビリア》:

» 『カビリア [染色(一部彩色)版]』~イタリア映画祭2007⑧ [Brilliant Days ]
(原題:Cabiria 1914年/3308メートル、16コマ/分=181分) さて、イタリア映画祭最終日の大トリ。 イタリア無声映画史の金字塔と言われる作品『カビリア』を生ピアノ演奏つきで鑑賞致しました#63911; 監督:ジョヴァンニ・パストローネ 出演:イタリア・アルミランテ・マンツィーニ、リディア・クァランタ..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 20時19分

« 《癒しがたき愛》 | トップページ | テレコム、スペインのテレフォニカが資本参加 »