« シチリアの地方選挙、中道右派の勝利 | トップページ | アフガニスタンのEmergencyの病院は、暫定的に San Raffaele が引継ぎか »

2007年5月22日 (火)

バスジャック

Busノヴァーラ県アレッサンドリア近郊でバスジャック事件が起こった(コリエレ・デッラ・セーラ、5月16日)。

バスには10人ほどの乗客がおり、学生や通勤客がいた。そこへ3人の武装した男が、バスジャックをした。そのうち少なくとも2人はアルバニア人で、1人は逃走中。

彼らは逃走する際に、バスに放火した。

逮捕されたアルバニア人は一人は正式の滞在許可証を持っており、もう一人は不法滞在者だった。

彼らは、バスジャックの間、コカインを使用していたらしい。事件は午後2時45分ごろ発生した。

しかしバスには2人の警官も乗車していた。ロベルト・;クレッリとエジーディオ・ヴァレンティーニで、彼らは犯人を取り押さえようとした。一人は腕に怪我をして途中下車した。もう一人は座席にしばりつけられた。

しかし降りた警官が知らせ、警戒態勢がしかれた。走っていたA26のいたるところに検問所が置かれた。

運転手は頭にピストルを突きつけられ、ヴェルチェッリ・エストで高速道路を降りるよう命じられた。しかしそこにはカラビニエーリが待っていた。停車を求めるが、バスはパトカーの横にぶつかり、打ち合いが始まった。しかしそこでバスの運転手が「打たないでくれ、打たないでくれ」と大声で叫び、バスは通りすぎていく。

やがてバスは一般道からそれた行き止まりの道に入る。そこで降りて、バスに火をつけ、逃走した。3人のうち、1人はすぐに、もう1人は数時間後に警察犬が発見したが、最後の1人は逃走中である。

バスジャックは少なくとも1時間以上続いた。

この事件をうけ、与野党の間には、移民政策論争が起こっている。

|

« シチリアの地方選挙、中道右派の勝利 | トップページ | アフガニスタンのEmergencyの病院は、暫定的に San Raffaele が引継ぎか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15168528

この記事へのトラックバック一覧です: バスジャック:

« シチリアの地方選挙、中道右派の勝利 | トップページ | アフガニスタンのEmergencyの病院は、暫定的に San Raffaele が引継ぎか »