« イタリア、より貧しく、より高齢化 | トップページ | フェッラーリの赤、変わる »

2007年5月29日 (火)

イタリアにおける貧困家庭

Istat01gIstat (政府中央統計局)のレポートの続きで、貧困についての報道が詳しい(コリエレ・デッラ・セーラ、5月24日)。

貧困とは、たとえば2人家族で、月936ユーロ(15万円)以下をさす。そういった家庭は、258万5千家庭あり、全体の11、1%にあたる。

しかし、もう一つ別の指標もあって、6家庭に1家庭(14,7%)は、月末までのやりくりにとても苦労している。約3分の1の家庭(28,9%)は、突然600ユーロの出費があったら、まかなえない。8家庭に1家庭は、医療費の支払いに問題をかかえている。南部では、7,4%の家庭は、時には食べ物を買うお金がない。

もっとも貧困にあえいでいるのは、人数の多い家庭で、お年寄りを抱えている家庭である。5人以上の家庭では、4家庭に1家庭(26,2%)が貧困層となっている。南部ではその確率が40%に上昇する。しかしながら、65歳以上のお年寄りを一人以上抱えている家庭の貧困率は、1997年の15,5%から2005年の13,6%に下降している。

|

« イタリア、より貧しく、より高齢化 | トップページ | フェッラーリの赤、変わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15248656

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアにおける貧困家庭:

« イタリア、より貧しく、より高齢化 | トップページ | フェッラーリの赤、変わる »