« 《ニュース》 | トップページ | 《ザカリア》 »

2007年5月 3日 (木)

公的支出が国内総生産の半分に

Draghi3Eurostat によると、2006年のイタリアの公的支出は、Pil (国内総生産)の50%を越えた(コリエレ・デッラ・セーラ、4月24日)。

これまでの推移では、

2003年:48,3%
2004年:47,7%
2005年:48,3%
となり、2006年は50,1%となってしまった。

50%を越えているのは、ユーロ圏ではイタリアとフランス(53,5%)のみ。ただし、フランスの場合、単年度の赤字が Pil の3%以内であり、累積赤字も60%に近い。それに対し、イタリアの場合、累積赤字は Pil の106%ほどにつみあがっている。

そのため、ヨーロッパ中央銀行からはイタリアに対し、慎重な財政運営が求められている。

イタリア銀行総裁のマリオ・ドラーギ(写真)は、国家の財政支出を抑えるよう求めている。

|

« 《ニュース》 | トップページ | 《ザカリア》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14932071

この記事へのトラックバック一覧です: 公的支出が国内総生産の半分に:

« 《ニュース》 | トップページ | 《ザカリア》 »