« 《犯罪小説》 | トップページ | 《ヴィットリオ広場のオーケストラ》 »

2007年5月 6日 (日)

《わが人生最良の敵》

Il_mio_miglior_nemico_1《わが人生最良の敵》(カルロ・ヴェルドーネ監督)を観る(イタリア映画祭2007)。

昨年の映画祭の《恋愛マニュアル》で、妻に去られた医師を演じたヴェルドーネが主演・監督。

シルヴィオ・ムッチーノ演じる若者と、ふとしたことから敵対関係に陥るが、協力せざるをえなくもなる。

前半はどたばた、艶笑話もからんで笑えるが、後半ややしんみりと家族、親子、恋人について考えることになる。

ヴェルドーネは、演技がうまいので、同じ手を別の映画や別の人で見たことがあっても笑ってしまう。

中心人物がアキッレとかオルフェオというギリシア神話の人物と同じ名前なのも、寓意性を示唆している。オルフェオは妻エウリディーチェが死んだとき、黄泉の国まで追いかけていったのである。

といったことは考えなくても、楽しめる上質な娯楽作品。

|

« 《犯罪小説》 | トップページ | 《ヴィットリオ広場のオーケストラ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14967255

この記事へのトラックバック一覧です: 《わが人生最良の敵》:

» 『わが人生最良の敵』~イタリア映画祭2007⑥ [Brilliant Days ]
(原題:Il mio miglior nemico) 2006年 監督:カルロ・ヴェルドーネ 出演:シルヴィオ・ムッチーノ、カルロ・ヴェルドーネ、アナ・カテニーナ・モラリウ 公式サイト(イタリア)←トレーラーも観れます#63899; 昨年のイタリア映画祭での大好評を受け、今夏一般劇場公開が決まった『イタリア的、恋愛マニュアル』で、話のカナメとも..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 20時16分

« 《犯罪小説》 | トップページ | 《ヴィットリオ広場のオーケストラ》 »