« オートマ車、徐々に増加 | トップページ | Unicredito銀行とCapitalia銀行の合併、首相承諾 »

2007年5月21日 (月)

IMF:イタリアの年金改革は必至

Imf IMFとヨーロッパ中央銀行は、イタリア政府に対し、年金改革の必要性を訴えた(コリエレ・デッラ・セーラ、5月11日)。

IMF(イタリア語ではFmi: Fondo monetario internazionale) は「イタリアの年金改革は、イタリアにとって必至であり、財政の継続性を保証するためにも必要だ」としている。

「ヨーロッパで、イタリアはGDPに対する公的支出の比率が最も高い」。そして年金改革の必要性に関しては、EUからOCSEまで意見は一致しているという。

|

« オートマ車、徐々に増加 | トップページ | Unicredito銀行とCapitalia銀行の合併、首相承諾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15150166

この記事へのトラックバック一覧です: IMF:イタリアの年金改革は必至:

« オートマ車、徐々に増加 | トップページ | Unicredito銀行とCapitalia銀行の合併、首相承諾 »