« 中絶を避けるため母から避難 | トップページ | 第一回プッチーニ・マラソン »

2007年5月26日 (土)

Fukusas と Piano, Eurの再開発

Nuvola_di_fuksasローマ郊外の官庁街EURの再開発が、建築家 Fuksas と Piano により計画されている(コリエレ・デッラ・セーラ、5月18日)。

マッシミリアーノ・フクサスの計画は Nuvola と呼ばれ、大きな雲状のものが、巨大な箱の中にはいっている(図)。

これが Viale Europa にそびえることになるが、2010年完成予定である。

Eur自体の起源は、1938年にさかのぼる。建築家マルチェッロ・ピアチェンティーニの構想によるもので、ファシズムの政権獲得20周年の1942年には万国博覧会が開かれるはずであったが、第二次大戦で計画がくるった。

|

« 中絶を避けるため母から避難 | トップページ | 第一回プッチーニ・マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15213938

この記事へのトラックバック一覧です: Fukusas と Piano, Eurの再開発:

« 中絶を避けるため母から避難 | トップページ | 第一回プッチーニ・マラソン »