« Family Day, 100万人以上の参加 | トップページ | イタリア人の身長、伸びる »

2007年5月18日 (金)

アフガニスタン政府、Emergency に帰国か施設接収を迫る

Afganistan アフガニスタン政府は、イタリアの人道援助組織Emergency に対し、帰国して活動を再開することを求め、5月25日までに戻らなければ、病院その他の施設を接収するとの最後通告を出した(コリエレ・デッラ・セーラ、5月13日)。

現在アフガニスタンに駐留するイタリア兵は2015人。

国際赤十字によると、Emergency の活動は、アフガニスタンの医療活動の少なくとも4%を担ってきた。

アフガニスタン国内には Emergency の病院が3つ、25の診療所や救急看護所がある。どれもアフガニスタン国内では最良の施設と考えられている。完全に無料で、1999年に活動開始以来、150万人の患者の治療にあたってきた。

病院はカブール、アナバー、ラシュカル・ガーにある。カブールの病院は2001年に開設、100床、X線、断層撮影装置、2つの手術室がある。アナバーの病院は、1999年に開設、100床、X線、2つの手術室がある。ラシュカル・ガーの病院は2004年に開設、75床、X線、2つの手術室がある。

アフガニスタン政府は、Emergency に対して最後通牒をつきつけたわけだが、Emergency 側は、ハネフィの釈放を求めている。ハネフィはラシュカル・ガー病院の責任者であり、レプッブリカ紙記者がタリバンに拘束された際に、仲介をつとめたが、現在、拘留中である。

|

« Family Day, 100万人以上の参加 | トップページ | イタリア人の身長、伸びる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/15119420

この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン政府、Emergency に帰国か施設接収を迫る:

« Family Day, 100万人以上の参加 | トップページ | イタリア人の身長、伸びる »