« アリタリア、4億ユーロの赤字 | トップページ | 夏時間始まる »

2007年4月 2日 (月)

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行、アントンヴェネタに興味

Mps モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(MPS)は、アントンヴェネタ銀行の保有に関心を持っている(コリエレ・デッラ・セーラ、3月24日)。

MPSは、子会社の MPS Vita の50パーセントを、フランスの保険会社AXAに譲渡することもあって、2006年の純益は9億1000万ユーロに達し、約21パーセントの増加だった。

MPSは MPS Vita の譲渡によって、7億5300万ユーロのキャピタル・ゲインを得たのである。その資金をどうするのかが問題であるが、MPSは、AXAの影響下になるアントンヴェネタ銀行の取得に関心を持っている。

アントンヴェネタ銀行は、以前に株式買占めに絡んで、ローディ人民銀行とも関係して、ジャンピエロ・フィオラーニの逮捕や、イタリア銀行総裁(当時)のアントニオ・ファツィオの辞任にもつながった組織である。

|

« アリタリア、4億ユーロの赤字 | トップページ | 夏時間始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14490566

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行、アントンヴェネタに興味:

« アリタリア、4億ユーロの赤字 | トップページ | 夏時間始まる »