« トロンケッティ、ロッシをはずす | トップページ | 4人に1人は鬱 »

2007年4月11日 (水)

高校生、ゲイと言われて自殺

Sei_gay トリノの工業高校生が、ゲイであるとからかわれ続けたことを苦に自殺した(コリエレ・デッラ・セーラ、4月5日)。

16歳のマルコ(仮名)は、同級生から1年半にわたって、同性愛者であるとからかわれ続け、その苦痛に耐え切れなくなった。

彼は、胸をナイフで切り、5階から飛び降りた。

数時間病院で、救命措置がとられたが、甲斐もなかった。

マルコの母親は20年以上前にフィリピンからやってきた。家事手伝いを職業とし、イタリア人の農家の男性と結婚。17歳、16歳、13歳の子供がおり、マルコは2番目。

母親はいじめに気づき、2005-2006年の学年に学校に対処をもとめて、長い会話を副校長と交わした。しかし事態は表面的には改善されたように見えたが、根本的には改善されていなかった。

マルコはまじめで成績もすべての科目で7か8(10点満点)だった。

|

« トロンケッティ、ロッシをはずす | トップページ | 4人に1人は鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14641880

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生、ゲイと言われて自殺:

« トロンケッティ、ロッシをはずす | トップページ | 4人に1人は鬱 »