« ベルルスコーニと5人の女性 | トップページ | 《ラクメ》 »

2007年4月23日 (月)

ミラノの中国人問題

Viapaolosarpi6ミラノのパオロ・サルピ通り

ミラノの中国人問題は、ローマ、プラートのチャイナタウンから連帯の呼びかけがあったが、今のところ静けさを保っている(コリエレ・デッラ・セーラ、4月15日)。

ミラノのパオロ・サルピ通りでの警官と中国人コミュニティーとの対立が生じたが、それを受けて、ローマとプラートのチャイナタウンは連帯を表明した。

ローマのチャイナタウンは公式発表では、約7000人。カリタスによると1万人。テルミニ駅の南東エスクィリーノ地区に住んでいる。

トスカーナ地方の織物の町プラートには約2400の中国人商店がある。10年前は300であった。合法的滞在者が約1万人いる。

ローマやプラートから必要とあれば、共にデモ行進をすると働きかけられたが、今のところは必要ないとミラノのチャイナタウンは答えている。

|

« ベルルスコーニと5人の女性 | トップページ | 《ラクメ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14820555

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノの中国人問題:

« ベルルスコーニと5人の女性 | トップページ | 《ラクメ》 »