« 《気ままに生きて》 | トップページ | 《家族の友人》 »

2007年4月30日 (月)

《新世界》

Photo_74《新世界》(エマヌエーレ・クリアレーゼ監督)を見た(イタリア映画祭2007)。

シチリアからアメリカへの移民の話である。後半は、アメリカのエリス島での新大陸に上陸する前のさまざまな手続きが事細かに描写されていて、興味深い。

身体検査だけでなく、積み木というか木製パズルで知能検査をしたりして、移民として「不適切」な人物は排除するシステムが出来ていたことがわかる。

「リトル・イタリーの恋」では舞台がオーストラリアであったが、アメリカでも、写真だけを見て結婚相手を決め、海を渡ってきた花嫁が、実物の花婿をみて話が違うとショックを受けることがあったのだ。

シャルロット・ゲーンズブールはルーシーという名のイギリス人女性を演じている。たしかに、イタリア人女性たちとは、顔立ちがはっきり異なっていた。

現代のイタリアでは、入ってくる移民の問題が重要だが、この物語の20世紀初頭においては、出て行く移民が重要な課題であったのだった。

|

« 《気ままに生きて》 | トップページ | 《家族の友人》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14892331

この記事へのトラックバック一覧です: 《新世界》:

» 『新世界』~イタリア映画祭2007② [Brilliant Days ]
(原題:Nuovomondo)2006年 監督 : エマヌエーレ・クリアレーゼ 『グラツィアの島』('03) 出演 : シャルロット・ゲンズブール、ヴィンチェンツォ・アマート 昨年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞、本年アカデミー賞のイタリア代表となった作品。 <Story>*********************** 20世紀初頭にシチリア..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 18時41分

« 《気ままに生きて》 | トップページ | 《家族の友人》 »