« 母親のパートナーはもう一人の父親である | トップページ | 労働災害、1日に4人死亡 »

2007年4月21日 (土)

国債は、最貧層を重点的に

Prodi_tesorettoプローディ首相は、国債発行を最も貧しい層に対して重点的に使用する方針を明らかにした(コリエレ・デッラ・セーラ、4月13、14日)。

プローディ首相は、4月13日のコリエレ・デッラ・セーラ紙に公開書簡を寄せ、財政の健全化をうけ、国債発行は、家庭を優先に、その中でも特に生活困窮層を重点的に扱う方針を明らかにした。

比率は、家庭が66パーセントで、企業のために使うものが33パーセント。

原資となる額は、25億ユーロである。プローディの方針に、Rifondaizone や Comunisti Italiani は賛成しているが、野党は、選挙への動きか、と警戒している。ただし、野党のなかではUdcは留保つきで賛成している。

|

« 母親のパートナーはもう一人の父親である | トップページ | 労働災害、1日に4人死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14794636

この記事へのトラックバック一覧です: 国債は、最貧層を重点的に:

» 国債の基本は10年満期 [国債が分る!国債投資入門]
債券、とりわけ国債の基本を知る上で、その中心となるのは満期が10年のもので、国内マーケットでの発行量も流通量もいちばん多く、いわば国債の中心的な存在です。 [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 16時29分

« 母親のパートナーはもう一人の父親である | トップページ | 労働災害、1日に4人死亡 »