« テンポ・ピエノ、母親たちの抗議 | トップページ | テレコム・イタリア買収劇 »

2007年4月 7日 (土)

シエナの立役者、デ・ルーカ逝く

De_luca シエナをセリエAに昇格させた立役者、パオロ・デ・ルーカが亡くなった(コリエレ・デッラ・セーラ、4月1日)。

デ・ルーカは、チームの96,25パーセントを新たな所有者ピエル・ルイジ・ファブリーツィに譲渡する契約書に署名し、その数時間後、翌日に亡くなった。

ナポリの自宅で亡くなったが、彼がシエナにやってきたのは、2000年の夏、ジョヴァンバッティスタ・パストレッロから40パーセントの株式を引き継いだ。

当時は、C1とC2の間を行き来するシエナをセリエBに引き上げ、2002年1月に正式に会長に就任。翌年、奇跡的にシエナはセリエAに昇格した。

その後、デ・ルーカの他のビジネスの関係で、チーム運営にも危機が訪れるまでになり、デ・ルーカは勇退せざるを得なくなった。

チームの譲渡額は、2500万ユーロ。シエナは市長マウリツィオ・チェンニの言葉「シエナにセリエAの栄光をもたらした彼は沈黙のうちに去った」とともに、静かに彼の死を見送った。

|

« テンポ・ピエノ、母親たちの抗議 | トップページ | テレコム・イタリア買収劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14590028

この記事へのトラックバック一覧です: シエナの立役者、デ・ルーカ逝く:

« テンポ・ピエノ、母親たちの抗議 | トップページ | テレコム・イタリア買収劇 »