« 国債は、最貧層を重点的に | トップページ | ミラノの中国人 »

2007年4月21日 (土)

労働災害、1日に4人死亡

Lavoro_mortiジェノヴァ港で荷物の積み下ろしの事故で労働者が死亡し、抗議のため36時間作業がストップした(コリエレ・デッラ・セーラ、4月14日)。

Cgil, Cisl, Uil の主要労働組合は、労働条件に対する抗議のため全国的ストライキを宣言した。

毎年、約1300人が労働災害で亡くなっている。プローディ首相は、犠牲者に弔電を送り、その中で、仕事で亡くなったかたは、殉教者である、と述べている。

労働災害の死者数の推移は次の通り:

1951年 3511人
1961年 4418人
1963年 4644人(戦後最高)
1971年 3594人
1981年 1919人
1991年 1941人
1994年 1261人(戦後最低)

近年の推移は以下の通り:
2001年 1549人
2002年 1481人
2003年 1449人
2004年 1328人
2005年 1280人
2006年 1250人
2007年1月から4月224人         

|

« 国債は、最貧層を重点的に | トップページ | ミラノの中国人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14801810

この記事へのトラックバック一覧です: 労働災害、1日に4人死亡:

« 国債は、最貧層を重点的に | トップページ | ミラノの中国人 »