« 2012年の欧州選手権、イタリア開催ならず | トップページ | アルファロメオ、中国進出か? »

2007年4月26日 (木)

デ・ロンギ社、炎上

De_longhiトレヴィーゾのデ・ロンギ社が火事で燃え、ダイオキシン汚染が心配されている(コリエレ・デッラ・セーラ、4月19日)。

デ・ロンギ社の工場および本部があるのは、トレヴィーゾの周辺部。といっても、町の中心のシニョーリ広場からわずか3キロメートル足らずのところである。ここの工場では、オイルヒーター、エアコン、コーヒーメーカーなど。

火事が発生したのは、倉庫で、発生時刻が13時30分であったため、幸い、従業員は食堂にいた。

付近には住宅街や小学校があり、人々は避難した。この工場は敷地が3万5千㎡あるが、無傷だったのは、わずかに5千㎡。

いまだ確認はされていないが、工場の煙のなかにダイオキシンが含まれていたのではないかと、心配されている。

デ・ロンギ社は1902年の創立で、現在では中国やロシアに工場を持ち、トレヴィーゾでの生産は10パーセント以下にとどまっている。

|

« 2012年の欧州選手権、イタリア開催ならず | トップページ | アルファロメオ、中国進出か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14855391

この記事へのトラックバック一覧です: デ・ロンギ社、炎上:

» デロンギ といえば [cacchao.net]
こんなものもありますよ。ぜひお越しください! [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 05時58分

« 2012年の欧州選手権、イタリア開催ならず | トップページ | アルファロメオ、中国進出か? »