« 拒食症の女性、死亡 | トップページ | 地獄は存在する »

2007年4月 2日 (月)

インゲン豆騒動

Fagiolini アフリカからのインゲン豆輸入で、共産主義再建党系のリベラツィオーネ紙がCoopを激しく非難した(コリエレ・デッラ・セーラ、3月25日)。

ことの起こりは、Coop Italia がアフリカのブルキナ・ファソの8000人の農民と契約を結び、5年契約で、年間50万トンのインゲン豆を90万ユーロで売買することにした。

ところが、リベラツィオーネ紙によれば、Coop はイタリアの国内価格より1キロ当たり1ユーロ以上安い値段で販売するため、イタリアの農家に被害を与えることになる、というのである。

さらに、インゲン豆を集中的に栽培することによって、ブルキナ・ファソの地元の農業にも損害を与えるという。

Coop 側は、これはフェア・トレードであって、彼らが経済的に成長し、その地域の経営管理能力を育てるプロジェクトなのだと主張している。

イタリアのフェア・トレードの資料は、次のようなものがある(2004年時点)。

販売所 5586箇所
報酬を得ている労働者 733人
ボランティア  844人
利益(食料品) 30、9パーセント
一人当たりの支出 0,35ユーロ
イタリアでの売り上げ 9750万ユーロ
ヨーロッパでの売り上げ 6億3490万ユーロ

主な食料品の売上高は次の通り(トン)
       2004   2005
コーヒー   225   243
紅茶     9     10
バナナ    2788  3247
果物     279    588
カカオ    296    326
砂糖     186    282
蜂蜜     102    79
ジュース   104    118
米       34     115
その他    2      22
計       4025   5030

合計で見ると、2004年から2005年で、25パーセント増加している。

|

« 拒食症の女性、死亡 | トップページ | 地獄は存在する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14493775

この記事へのトラックバック一覧です: インゲン豆騒動:

« 拒食症の女性、死亡 | トップページ | 地獄は存在する »