« ミラノの中国人 | トップページ | コッフェラーティ、新たに父親に »

2007年4月23日 (月)

At&t, テレコム買収案件から撤退

Attアメリカの通信会社At&t は、Olimpia を通じて、テレコム・イタリアの株式を6パーセント取得することを断念した(コリエレ・デッラ・セーラ、4月17日)。

Olimpia は株式保有会社で、現在は、ピレッリが80パーセント、ベネトンが20パーセント所有している。これを三分割して、At&t も Olimpia を3分の1所有しようと考えていたのだ。

Olimpia はテレコム・イタリアの株式の18パーセントを所有しているので、At&t  はテレコム・イタリアの6パーセントの株主になる算段だった。

しかしながら、At&t のCEOである Edward Whitacre はピレッリの会長トロンケッティに書簡を送り、規則に関しての不確定要素が大きすぎるのでこの案件から降りると明言した。

At&t 関係者によると、プローティ政権内から聞こえてくる反対論と、テレコム・イタリアの回線とサービスが切り離されるのではないかという将来の見通しの不確かさが、断念につながったようだ。

メキシコの America Movilは今のところ、Olimpia 株取得の意向は変わらないとしているが、見通しは不確かになってきた。

ボールはイタリアの銀行に投げ返されたと見られており、Intesa をはじめとする銀行が打つ次の一手が注目されている。

|

« ミラノの中国人 | トップページ | コッフェラーティ、新たに父親に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14818614

この記事へのトラックバック一覧です: At&t, テレコム買収案件から撤退:

» 桜最前線日記 [桜最前線日記]
帰って新聞の番組表見てみるかな。 今日は面白いテレビはあるかな? [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 13時17分

« ミラノの中国人 | トップページ | コッフェラーティ、新たに父親に »