« 信任投票前のプローディの演説 | トップページ | ストロンボリ、噴火 »

2007年3月 5日 (月)

補助教員

Insegnanti_di_sostegno 小学校の教諭が生徒の舌を切る事件があったが、その先生は補助教員であった。補助教員をめぐる数字が紹介されている(コリエレ・デッラ・セーラ、2月28日)。

2月20日、午後4時に事件はミラノの北東部、生徒の2人に1人は移民の子供である学校で起きた。

正教員の教諭が教室を出て、補助教員の R.S. 22歳を呼び、生徒たちを静かにさせるよう求めた。その生徒の中に活発なアフメド(仮名)7歳がいた。

補助教員は、「舌を出しなさい。切っちゃいましょう。そしたらもうおしゃべり出来ないから」と言って、はさみを持ち、本当に口に刃をあて、流血の事態となったわけである。

補助教員は、イタリア全体では、8万3761人いる。期限を定めないものが4万4049人。期限つきのものが3万9712人。

地域別にみると
期限を定めない者
北西部 7816人
北東部 5068人
中部    7674人
南部  1万6040人
島嶼部 7451人

期限つきの者
北東部 9715人
北西部 6054人
中部  6769人
南部 1万164人
島嶼部 7010人

|

« 信任投票前のプローディの演説 | トップページ | ストロンボリ、噴火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14144777

この記事へのトラックバック一覧です: 補助教員:

« 信任投票前のプローディの演説 | トップページ | ストロンボリ、噴火 »