« 移民に関する新法案 | トップページ | シルカナ事件 »

2007年3月16日 (金)

法王、カトリック議員に自然に反する法にノーを呼びかけ

ベネデット16世は、カトリック系議員に、「人としての自然」に反する法にはノーを投ずるよう呼びかけた(コリエレ・デッラ・セーラ、3月14日)。

男女間の結婚に基づいた家庭のようなものを尊重し、擁護することには、交渉の余地はないとしている。

さらに法王は、離婚して再婚した者は、聖体拝受のような秘蹟を受けることはできないと主張した。

左派からは、内政干渉を指摘する声があるが、右派はその指摘は教会に対する不当な批判だと反論している。

アーチゲイのリーダーで、下院議員のフランコ・グリッリーニは、ゲイは結婚や養子を求

めているのではないとしている。

|

« 移民に関する新法案 | トップページ | シルカナ事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法王、カトリック議員に自然に反する法にノーを呼びかけ:

« 移民に関する新法案 | トップページ | シルカナ事件 »