« レオナルドの「受胎告知」貸し出しに抗議 | トップページ | プローディとダレーマ、Dicoを擁護 »

2007年3月 6日 (火)

選挙法改正、ベルルスコーニは反対

Legge_elettorale 選挙法改正に関し、ベルルスコーニはノーを突きつけた(コリエレ・デッラ・セーラ、3月2日)。

上院で信任されたプローディ内閣は最優先課題に選挙法改正をかかげているが、ベルルスコーニは虚偽の問題であるとして、拒絶するかまえ。しかしながら、野党でもキリスト教民主連合は、議論に応じるとしている。

事実婚法案に関しては、プローディは、良心の自由の問題とし、ややトーンが穏やかになっている。

一方、トゥリリアット上院議員は二年間、共産主義再建党から職務を停止された。

|

« レオナルドの「受胎告知」貸し出しに抗議 | トップページ | プローディとダレーマ、Dicoを擁護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14162813

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙法改正、ベルルスコーニは反対:

« レオナルドの「受胎告知」貸し出しに抗議 | トップページ | プローディとダレーマ、Dicoを擁護 »