« Macchiaioli は印象派より進んでいた? | トップページ | ライコネン、デビュー戦で勝利 »

2007年3月19日 (月)

ベロッキオの新作

Ida_dalserイーダ・ダルゼル

マルコ・ベロッキオの準備中の新作は、ムッソリーニをめぐるものである(コリエレ・デッラ・セーラ、3月18日)。

ベロッキオは《夜よ、今日は》でアルド・モーロ誘拐殺人事件を扱っていたが、今度はムッソリーニの愛人イーダ・ダルゼルを扱う。イーダは、もしかするとムッソリーニの最初の妻で、ムッソリーニに本当に反逆した唯一の女性とされている。

イーダは少なくとも繰り返しそのことと、総統の最初の子供の母であることを主張し、1927年には逮捕され、精神病院に入れられてしまう。

彼らは精神病院から逃げ出すが、イーダは1937年に、子供のベニート・アルビーノは1942年に亡くなった。

今年末に撮影をはじめ、2008年には映画館で上映される予定とのこと。

                                    

|

« Macchiaioli は印象派より進んでいた? | トップページ | ライコネン、デビュー戦で勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14315730

この記事へのトラックバック一覧です: ベロッキオの新作:

« Macchiaioli は印象派より進んでいた? | トップページ | ライコネン、デビュー戦で勝利 »