« シルカナ、写真の公開を認め、辞任せず | トップページ | 「アンギアーリの戦い」を捜そう »

2007年3月31日 (土)

新FIAT500

Fiat500 500dsolalg 新旧のFIAT500(チンクエチェント)

フィアット500(チンクエチェント)の新型が写真発表された(コリエレ・デッラ・セーラ、3月22日)。

旧型はちょうど50年前の1957年に発売され、1957年から1975年の間に、389万3294台を売り上げた。

新型は、長さが旧型の2,97メートルから3,55メートルへと拡大。旧型が文字通り排気量が497ccであったのに対し、新型は1200と1400のガソリンエンジンでそれぞれ69馬力と100馬力、1300のディーゼルが馬力である。

新型FIAT500は、ポーランドで製造されるが、価格は1万ユーロからで、現代のサラリーマンの給料の約7ヶ月分。1957年には、46万5千リラで、当時の給料は5万リラであった。

|

« シルカナ、写真の公開を認め、辞任せず | トップページ | 「アンギアーリの戦い」を捜そう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14470714

この記事へのトラックバック一覧です: 新FIAT500:

« シルカナ、写真の公開を認め、辞任せず | トップページ | 「アンギアーリの戦い」を捜そう »