« モラッティ:暴力被害の女性のための資金を | トップページ | 《妖精ヴィッリ》 »

2007年3月12日 (月)

テンポ・ピエーノの危機

Tempo_pieno テンポ・ピエーノのクラス削減に抗議運動が広がっている(コリエレ・デッラ・セーラ、3月10日)。

テンポ・ピエーノというのは、フル・タイムという意味で、小学校で毎日8時半から4時半までいるクラスのことをさす。

通常のクラス、テンポ・ノルマーレは12時半に終わる。しかし12時半に学校から子供が帰ってくると、両親ともに外で働いている家庭は大きな困難に直面する。

そこで、週5日で、子供が夕方まで学校にいるテンポ・ピエーノというクラスがある。週40時間で、2人の先生が4時間は共にいるという贅沢なシステムである。

それが予算削減のあおりで、7000人の教師がすぐに、4000人が9月から削減される予定となった。

ミラノだけでも、9月から100クラスのテンポ・ピエーノが消滅する。

ローマでは、1万2000人の子供がテンポ・ピエーノのクラスに入れなくなる。

カンパーニャ州では、1426のテンポ・ピエーノのクラスのポストが減らされる。

エミリア・ロマーニャ州では、労働組合によると、600人の教員が不足する見通しだという。

|

« モラッティ:暴力被害の女性のための資金を | トップページ | 《妖精ヴィッリ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14234916

この記事へのトラックバック一覧です: テンポ・ピエーノの危機:

« モラッティ:暴力被害の女性のための資金を | トップページ | 《妖精ヴィッリ》 »