« ストロンボリ、噴火 | トップページ | プローディ、上院で信任される »

2007年3月 6日 (火)

禁じられた映画の目録

Ninotchka_stort 映画「ニノチカ」のグレタ・ガルボとメルヴィン・ダグラス

カトリックの側のみならず、共産党にも見るべきでない映画のリストがあった(コリエレ・デッラ・セーラ、2月28日)。

1930年代からカトリックの側は、Centro Cattolico Cinematografico (CCC) という組織が見るべきものと、見るべきでないものを決めていた。

しかし、1952年、左派の側も似たものを作っていた。署名や出所は書かれていないが、明らかにイタリア共産党が出所である51ページの小冊子 Guida per le proiezioni cinematografiche popolari (人民のための映画上映のガイド)が発行されていた。

それによると良いフィルムとは、デ・シーカの「靴磨き」、「ウンベルトD」を含む全映画、「苦い米」を含むデ・サンティスの全映画、「揺れる大地」、「ベリッシマ」のヴィスコンティやヴェルガノ、リッツァーニの作品などがあるが、ロッセリーニは「無防備都市」と「戦火のかなた」のみである。

まあまあの映画としては、トトのコメディーなどがあり、非推薦のものとしては、「ニノチカ」、サム・フラーの朝鮮戦争ものなどがある。

この小冊子には、映画の「プロパガンダおよび文化」としての重要性が説かれている。

|

« ストロンボリ、噴火 | トップページ | プローディ、上院で信任される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14159302

この記事へのトラックバック一覧です: 禁じられた映画の目録:

« ストロンボリ、噴火 | トップページ | プローディ、上院で信任される »